忍者ブログ

go to homenovel pict blog link mobile

今日は普通に日記を書いてみる(今まで普通じゃなかったのか。
週五日勤務者にとって今日は当たり前のように仕事です。仕神です。

仕事の話は……メンドいから置いといて(いきなりはしょった。

仕事の帰りに、あと一つ角を曲がったら家につくっていうところで犬を見つけました。
首輪付き。
リードなし。

犬、解放状態。

あ、こりゃどっかから逃げたなとか思いつつ通り過ぎたのですそのときは。
子供が呼び寄せてるし、ご近所のおばちゃんもいたので、飼い主かなーとか思いつつ角を曲がりました。
ちなみに、角の家も犬、飼っております。
鎖(アンド紐)が長くて家の周囲を半分は回れるくらいの自由度で繋がれていて、ちょうどさっき見た犬と同じような毛並みで……。

なんとなく角の家の犬を見てみたら。


鎖オンリィー


……なんだ、逃げてるじゃん。


って、平和な顔してる場合じゃねえ!

さっき見た犬が角のお宅様の犬で子供が呼び寄せてるけどあれってホントは捕獲するつもりでやっててつまりは私も手伝うべきか!?

慌てて引き返して探すと、あっさりと子供に捕まってる犬発見。

……そーいや、全力で脱走する犬ではなかったな。

出番はほとんどないだろうと、角の家に報告のためチャイムを鳴らしました。が、不在。

……え、不在?
ちょい待ち。じゃあ、この犬がここの家の犬かどうか確認できないじゃん。

確かに見た目はここの犬だけども、青い首輪だったか?
つか、首輪に名前書いてないから今この場で確認のしようがない?



助けてぇ


気がつけば、子供から犬を託され、家に戻るのを嫌がる(むしろ散歩につれてけ状態の)犬を必死になだめていたらガムをふんづけて、なんか助けが欲しくて周りを見たらもう人っ子一人いない状態で、ぽつんと取り残された私がここに。


助けてぇ


なぜこんなとこにガムがあったのかはあえて問わない。
だが、はっきりさせておかねばならぬことが一つだけある。


犬を捕獲したこの綱はどこのお宅のものですかー!!???

丁寧に綱の端に輪っかが作られてて、明らかにどこかのお宅の軽トラとかで荷物くくりつけるのにおあつらえむきなんですけどー!!

仕方なしに立ち上がると、犬が「待ってました」と言わんばかりに人の周囲を走りだす。

待って、こける。足に綱が!

つか、散歩は行きませんよ。
キョンシー流歩行(要はジャンプ)でそのままうまいこと家の鎖に繋ぎ、ダッシュでわが母のもとへ。

ご近所付き合いのある母ならわかるはず!
あれがあのお宅の犬であるかどうか!!

あまりに慌てすぎて、綱をその場に置いて行ってしまったのはご愛嬌。

家でのんびりしていた母を連れ、犬を確認してもらう。

「おすわり」

(犬、ちょっと変わったおすわりを披露)

「うん、ここの家の子」

なるほど、おすわりで見分けるのか。
今度から試してみよう。

でも、念のために母から連絡をしてもらい、当日の夜、ちゃんと確認してもらって無事解決。

たった数時間のことなのに、妙に充実してました。
特にガム踏んだりとかでっかい蜘蛛みつけたりとかキョンシー歩行とか。

教訓として、ご近所付き合いは大切だということを学びました(え、どのへんで?

うちの周辺は犬だらけです。
がんばって把握します。脱走されたときのために。





最後、あの綱は向かいのお宅様のものでした。

コメント

コメントを書く