忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
仕神けいたの執筆ホニャラカ報告書。

  つぶやきまくり

  LINEスタンプあります



  最近の本棚
はい、前回に引き続きAED講習会の内容にうつりまーす。
参加者が約80名いて、練習用のAED・人形の個数は8。
8つのグループにわかれて全員が実習しました。
私のいたグループは、講師の先生じきじきにAEDの使い方を教えていただきました。
めっさ緊張だったんですけど(汗。



先生「はい、では実際にAEDを使って練習してみましょう。今回使うAEDは訓練用なので、電気ショックはありませんが、本番と思ってくださいねー。
役割分担は、心臓マッサージ役AED使用者役119番通報役を順番にやっていってください。
流れは最初に配ったプリントで説明したとおりです。プリント見ながらでいいですよー」

■傷病者の発見。
肩を叩きながら呼びかけをして意識の確認。
「大丈夫ですか? 大丈夫ですか? 大丈夫ですか?
……意識なし」


■助けを呼ぶ
「誰か来て下さい!」

AED役、通報役
「どうされました?」

(先生、助言)「ここ、重要です。ちゃんと指名してから指示してください。『誰か救急車呼んで』では、誰かやってくれるだろうと思って誰もしないです」

「あなたは119番通報をお願いします」
「はい」
あなたはAEDわかりますか?」
「あ……(なぜか戸惑い)はい」
「AEDを持ってきてください」

■気道確保。
(先生、助言)「忘れがちですが覚えてください。『頭部後屈、顎先挙上』です。声出しして」

「頭部後屈、顎先挙上」

■呼吸の確認
(先生、助言)「ハイ、ここでも声出し。
(目で胸の上がり下がりを)見て、(耳で呼吸音を)聞いて、(頬で呼吸を)感じて、5数えてから呼吸なしを確認、それから人工呼吸です」


「見て、聞いて、感じて……呼吸なし。
人工呼吸始めます」


■人工呼吸
(先生、助言)「以前は、心臓マッサージ15回に人工呼吸3回でしたが、現在ではマッサージ30回に人工呼吸2回を目安にしてください。
場合によっては、マッサージによって肺が動くので、人工呼吸が要らないときもあります。
大切なのは心臓マッサージです。
呼吸をしていない、心臓が動いていないのが確認できたら、まず心臓マッサージを」


心臓マッサージ役、30回マッサージと人工呼吸2回を繰り返す。

(先生、助言)「マッサージは、腕を伸ばして垂直にして行ってください。でないと、これ、思っている以上に疲れますよー。
マッサージは4、5cm程度沈むように。
速さは『ドラ●もんのうた』と同じ速さで。『こんなこといいな~、できたらいいな~♪』の速さです」


……しかし、誰一人として歌わず。

■AED到着
「AED、到着しました」
「あなた、AEDが使えますか?」
「はい」
「じゃあ、準備お願いします」

AEDの機械とパットを取り出し、機械の電源を入れる。

(先生、助言)「やり方は、機械が音声で指示をくれるので、それにしたがってください」

AED機械音「パットを取り付けて、本体にプラグを差し込んでください」

(先生、助言)「パットと機械は、最初取り外された状態です。
機械の言うとおりにパットを取り付けてから機械に接続してください。
パットは、肌に直接取り付けてください。
貼り付ける場所は、パットに絵が書いてありますのでその通りに。
あ、必ず絵の通りでなくても大丈夫です。
怪我とかしている場合は怪我の部分を避けてつけてください。
ネックレスや湿布などがついていたら外してあげてください。
あと、ペースメーカーつけてる人も、ペースメーカー部分を避けます。
要は、パットで心臓を挟み込むようにつけてください」


心臓マッサージを中断。
AED役、パットを取り付ける。

AED機械音「心電図を解析しています。体に触れないでください」

「体に触れないでください」

(先生、助言)「このとき、電流を流して心臓の動きを確認しています。体に触れると、きちんとした判断ができないので気をつけてください」

AED機械音「除細動適応、充電します。離れてください」

(先生、助言)「患者に触れていたりすると、電気ショックの際、感電の恐れがあるので必ず大きな声で知らせてください」

「皆さん、離れてください」

AED機械音「除細動実施します。スイッチを押してください」

(先生、助言)「スイッチを押す前に、誰も患者に触れていないのを確認してください」

「スイッチ押します、離れてください」

(先生、助言)「スイッチ押したあと、AEDがもう一度解析してくれます。必要なら、AEDがまた心臓マッサージの指示をくれます」

AED機械音「解析しています……CPR(心肺蘇生法)を開始してください」

心臓マッサージ役、再度マッサージ開始。


先生「はい、ここまでが一つの流れです。これを、救急車がくるまで繰り返し行います。
心臓マッサージは本当に疲れますからねー。周りに人がいたら、積極的に声をかけて交代しながらするといいでしょう。
はい、一段落です。おつかれさま」



ホントにお疲れ様です

こんな長~い流れ、覚えられませんorz
まあ、だからこうして研修受けてるわけですが(汗。

えっと、AED自体は、機械が声で教えてくれるので、とりあえずは「離れてください!」と電気ショックに備えればよしと(おい。

だけど、実際にこんな事態に遭遇したら、メチャ慌てて何したらいいかわからんでしょうね……。
PR
≪  1286  1285  1284  1283  1282  1281  1280  1279  1278  1277  1276  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
Name:
URL:
Mail:
font color:  
Title:
Comment:
Pass:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  1286  1285  1284  1283  1282  1281  1280  1279  1278  1277  1276  ≫
HOME

  ぷらちな輪舞
仕神けいた管理のサイトです。

モバイル版は
QRコードからアクセス


  小説紹介
現在、亀の速さで小説書いてます。

  Blog QRコード

  最新コメント
[02/21 拓平]
[02/02 早村友裕]
[09/15 祐太]
[09/02 早村友裕]
[08/01 祐太]

  最新トラックバック
(11/25)
(05/31)
(05/31)
忍者ブログ [PR]