忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
仕神けいたの執筆ホニャラカ報告書。

  つぶやきまくり

  LINEスタンプあります



  最近の本棚
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

完全に第14話のネタバレが含まれています。
ぶっちゃけ本編を読んでからこちらを読まれることをオススメします。
PR
サブタイトル「第14話 閑話休題四篇

さてさて、ようやくどうにか更新できました「蒼の魔法士」第14話。

引越しがあったりネット環境がなかったり、壁に穴開け未遂事件があったり(捏造)、諸手続きをミスって呼び出しくらったりで二ヶ月近く放置状態になってしまい、本当に申し訳ないです。

楽しみにしていたという方がいらっしゃったらもっと申し訳ないっ(汗。

お詫びというつもりじゃないですが、今回の蒼の魔法士は番外編だったりします。
はてしなく遠い昔に予告したとおりの閑話休題。

主人公がぶっ倒れて全く起きる気配がないので、サブキャラたちの様子を描いていたり。


ちなみに、サブタイトルにあるように閑話休題は四編構成にしてます。
気になる文字数ですが……

文字カウント
文字数(改行なし/スペースなし):6721文字
改行数:388回
スペース数:188文字
バイト数:13814バイト
文字数(改行あり/スペースあり):7297文字
文字数(改行あり/スペースなし):7109文字
文字数(改行なし/スペースあり):6909文字

7000文字前後……です。
四つの話を7000文字でなんとかかんとか書いてたんですね……。
長い話はつらつらとにかく書けばいいですが、あえて短く要点を抑えてまとめるのって結構辛いのがよぉくわかりましたorz


気になる内容ですが、普段、本当に目立たないあいつ目線で書いてあったり、「こいつ誰?」的なキャラもいたり、あまつさえそんなキャラもいたんだ状態です。

ちなみに、一部を除き、あえて文章から登場人物名は消してみました。
どのセリフが誰なのか当てて遊んでみてください♪

正解者には作者からおめでとうの拍手を――(いらんって。


そんでもってこれは予告というかなんと言うか……。
……イラスト依頼を出そうかと思います……。

自分が依頼を受けて描くんじゃなく、私が皆様に「イラスト描いてくださいぃ」とひれ伏すのです。

……時間がないorz
引っ越してから一層自分の時間が減りました。
おまけに資格取得の勉強がそろそろ大詰めなので、ぶっちゃけ来年の春までイラストとか描けないだろうし、小説の更新ももっと遅れる予定です(泣。

なので、小説の挿絵やイメージキャラをお願いしようかと思ってます。
蒼の魔法士はもちろんのこと、これから発表する和風ふぁんたじぃな短編の登場人物のイメージを依頼するつもりでございます。
そのときはちゃんと秘密基地に依頼を出す予定ですハイ。

こんな遅筆野郎ですが、読んでくださってるお優しい方々、生あったかい目で遠くから眺めてやってください。


……それにしても、眠り姫な主人公、一体いつ目覚めるんだろう(作者がいうな。
第8話『保護』を加筆修正しました。

戦闘シーンを強化してみました。
書きなれないシーンなものだから、まだまだ物足りないかもしれないです(汗。

そして、ハルのセリフで漢字を発見……!
こりゃヤベぇと修正。
彼は基本ひらがなセリフ(笑。

そんでもって現在。
主人公なのに深いふかーい眠りについたユウ。
次回も起きないので、閑話休題へ突入します。

サブキャラ目線で語ってみます。
第8話『保護』を加筆修正中。

ハルとの戦闘でミサギさん舌打ちすることになりました~。

戦闘シーンも、まだまだ文章が未熟ですが、書けるとこまで自分の文章力しぼりだします~。
執筆中に、うまくまとめることができず、かといって削除する勇気もない。
没ネタ倉庫へいった言葉たちです(汗。

【「レフュージェ」の佇まい説明】
納得いかない文章……。

 隠れ家的、といえば聞こえはいいが、空き家を勝手に使用しているため、まさに廃墟の中の棲家である。



【ユウどん・うちの子・弟分】
ユウ君の存在について語るみっちゃん&総寮寺元帥。女の子だったらってオイ……。ミサギさんなんか不機嫌です。

「だって、ユウどんは弟分みたいなもんやし……」
「ユウ君てさ、家の子と同じくらいの歳なんだよね~。なんか気になっちゃって」
「ユウ、ユウって、みんななんだい? ミシェル、弟分ていうけど、もし女の子だったらどうすんだい?」
「したら、妹分やん」
「……そうだな」



【咳払い】
総寮寺元帥は威厳があまりない。よって、咳払いをしたところで仕切りなおせるはずもなし……。

 総寮寺は仕切り直すために咳ばらいをし、ミサギたちにあるグラフデータを見せた。

「最近起きている、アヤカシ絡みの事件の発生件数さ。同時に、君達魔法士に依頼した件数でもあるんだ」

 ミサギはグラフに目を移し、ある月を指して、そこから右肩上がりの線をなぞった。

「急増してる……」



【国軍の説明】
国軍という組織、国においての位置づけをしようといろいろいろいろ頑張ってみました。

 そもそも、政府と対等な機関であった国軍。
 しかし、治安が整い、平和となった国では武装組織は疎まれるだけであった。そこで、政府の機転により、自衛目的の組織に再編成されたのだ。

 ゆえに、国軍の頂点である彼であっても、政府には頭をおいそれと上げることはできない。



【ぢつはえらーいヒト】
総寮寺元帥はお忙しいのです。

 総寮寺は国軍の中でも頂点に達する数少ない人物。
 本当は、一個人とのんびり話している時間などないはずなのだ。



【乱入】
第12話でゼンに首根っこをつかまれていた男が登場……の予定でしたが、都合により没へ。

 ちょうどその時だった。
「あんたが……『蒼の魔法士』……か?」
 突然湧いた声に、皆が一斉に振り向く。
 病室の入口に、あちこちほどけかけた包帯を巻いた男が立っていた。
 ついさっきまで話題となっていた男本人だ。
 息も切れ切れ、今にも倒れそうな足取りでミサギのベットにたどり着く。そして、先程と同じ台詞を繰り返した。

「なあ、お前が蒼の魔法士なのか? 魔眼使いの……」
「それをきいてどうするんだい?」

 ミサギの問いに、男の目が怒りに燃える。



【この時点で黒幕が……】
ホントのところ、プロットではこの時点で既に黒幕は登場してました。黒幕、誰でしょう? 総寮寺、ミサギの会話です。

「そのあともう少しってところで逃げられちゃうんだ。彼が黒幕だってのははっきりしてるんだけど」
「だったら、法なりなんなり並べてやってしまえばいいじゃないか」



【病院の場所】
病院所在地の説明。ダメダメですorzそんなわけで、割愛。

 距離としては、ミサギの屋敷からそう離れていない市の総合病院。
 平日から人が多く、患者と看護師が右へ左へ――。



【毒舌攻撃】
出た。ミサギの毒舌攻撃。内容はさすがに割愛してます(汗。

「うーんえっとー、それがさあ」
「何ですか?」
 尋ねてもはっきりとしない総寮寺。
 なかなか話そうとしないので、ミサギは携帯を取り上げ毒舌攻撃を始めた。

 あまりに辛辣な言葉の連続攻撃に、みっちゃんは思わず耳を塞いだが、それでも耐え切れず、病室を逃げ出してしまった。

 残された木戸は、ケロリとした表情で佇んでいる。彼の日常では当たり前になっているのだろう。

 虫の息になって伝えた総寮寺の情報によると、男はミサギに会いに出ていったらしい。総寮寺が案内すると言ったが、その前に姿をくらましてしまったそうだ。

「ま……まあ、君に会いに行くっ言っていたんだから……いずれ、また、会うと思う……」

 総寮寺は、遺書片手に瀕死状態になっている。



【事件は終わったわけではない】
ゼンとライセの二人とは、またどこかで合間見える予定です。ちなみに、これはミサギと総寮寺の会話。

「犯人の子供達はまだ捕まってない以上、事件は続く可能性があります」
「大丈夫、私に考えがある。だから休んでいて」

【信じない者たち】
アヤカシの存在をまったく信じようとしない政府お偉方の意見です。

 アヤカシに至っては夢だ幻だ気のせいだと豪語しているのだ。
誤字脱字、それから妙な改行を見つけたので修正に取り掛かります。

自分、いったい何を慌てていたのやら……(汗。

本当はもう少し手を加えたいところですが、その前に7話8話あたりの修正がありますので、10話はとりあえず目立ったところのみ直します。
サブタイトル「病院にて


サブタイトルは相変わらずひねりがないです(汗。

この回は、珍しく主人公が登場しません。
前回、ハル&ユウが暴走してとんでもない有様になりましたので、ぐっすり眠ってもらってます。


で、相変わらずの文字数ですが……

文字カウント
文字数(改行なし/スペースなし):6322文字
改行数:358回
スペース数:148文字
バイト数:12934バイト
文字数(改行あり/スペースあり):6828文字
文字数(改行あり/スペースなし):6680文字
文字数(改行なし/スペースあり):6470文字

7000文字を切っています。
いつもよりちょっぴり少なめ。

そしていきなり次回についてですが、次回は閑話休題のようなエピソードになります。
ミサギさんがあんななったり、みっちゃんがこんななったり……です。

同時に、第8話あたりと第10話を加筆修正します。

やっと……やっと評価でご指摘もらったところの修正に入ります(遅っ。

終わったら、また改めて評価をお願いしに秘密基地へ行こうかと思います。

また一ヶ月ほど時間をもらって書き上げてきます~。
 1  2  3  4  5  ≫
HOME

  ぷらちな輪舞
仕神けいた管理のサイトです。

モバイル版は
QRコードからアクセス


  小説紹介
現在、亀の速さで小説書いてます。

  Blog QRコード

  最新コメント
[02/21 拓平]
[02/02 早村友裕]
[09/15 祐太]
[09/02 早村友裕]
[08/01 祐太]

  最新トラックバック
(11/25)
(05/31)
(05/31)
忍者ブログ [PR]